アコム

アコムの審査基準や審査通過率を上げるための4つの方法を解説!

アコムの審査基準や審査通過率を上げるための4つの方法

アコムからお金を借りるためには、審査に通過しなくてはなりませんよね。

「アコムの審査に通るのか不安」
「審査基準って何?通過率を挙げるにはどうすれば良いの?」

と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はアコムの審査基準や審査通過率を高めるための方法などを詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、アコムの審査を深く理解し、審査通過率アップにつながるので参考にしてくださいね。

アコムの審査基準を知ってから申し込みをしよう!

アコムの審査を無事に通過するためには、審査の内容・基準を知ることが重要です。

まずは審査通過に関するポイントからみていきましょう。

申し込み前に知っておきたいアコムの審査通過率を高める4つの方法

アコムの審査通過率を高めるには、次の4つのポイントが重要となります。

  • 申し込み時の入力情報は正直に記載する
  • 3ヶ月以上の安定収入を得る
  • 申し込みは1社のみにする
  • 必要な分だけ借りて、利用限度額を低くする

それでは各ポイントの詳細をみていきましょう。

申し込み時の入力情報は正直に記載する

申し込み時は様々な情報を入力しなくてはならないので、ついうっかり間違えないように注意しましょう。

誤入力は審査時間が長引く原因になったり、時にはこれが原因で審査落ちしてしまうことも。

当然、わざと間違った情報を入力するのはNGです。

例えば次の2つ。

  • 審査を有利にしたいから年収を高めに申請した
  • 他社借入あるのに嘘をついた

これらは調べればすぐに分かることなので、嘘をつくだけこちらが不利になってしまいます。

申し込み時は正直に、そして正確に記載するように心がけましょう。

3ヶ月以上の安定収入を得る

アコムの申し込み条件に記載されている「安定した収入」は、毎月ちゃんと給料をもらっていることを指します。

また同時に、収入を安定してもらい続けていることも重要視されており、少なくとも3ヶ月以上の安定収入がなければ、審査通過が厳しいものとなるでしょう。

最低でも勤続年数3ヶ月以上が審査通過のボーダーラインで、1年以上の勤続年数があれば安定収入があるとみなされ、審査の不安が消えます。

申し込みは1社のみにする

同時期にアコム以外のカードローンに申し込むのは避けるようにしてください。

複数の申し込みは「多重債務」の可能性が高まり、延滞や踏み倒しなどのリスクがあるとみなされ、審査で不利になります。

「他社の申し込みは分からないのでは?」と考える人もいるでしょうが「信用情報機関」に申し込み履歴が記録されているので、審査時に必ずバレます。

なお申し込み履歴は6ヶ月間保管されるので、アコム以外のカードローンに申し込んだことがある人は、6ヶ月以上空けてから申し込むのがベストです。

必要な分だけ借りて、利用限度額を低くする

申し込み時に借入希望額を入力できますが、あまり限度額を高くしすぎないのも大事なポイントです。

理想的なのは、本当に必要な分だけを借りること。

限度額が高くなれば、それだけ返済能力が問われることになり、相応の年収や職業、勤続年数などが必要になるため、審査通過率を第一に考えるなら低めに設定するのが吉です。

アコムの審査に落ちる人にはどんな特徴がある?

審査に落ちるのには理由があります。主な理由・特徴は次の4つです。

  • 安定した収入がない、無職
  • 過去に金融事故を起こした経験がある
  • 他社の借り入れ件数が3件以上ある
  • 他社の借り入れ総額が年収の3分の1を超えている

ここでは審査に落ちる人たちに見られる特徴から、審査落ちを避けるためのポイントをみていきましょう。

安定した収入がない、職についていない

安定した収入がなければ、継続した返済が難しいとみなされるため、審査落ちの大きな原因となります。

例えば次の3つに当てはまる人は要注意です。

  • 勤続年数が極端に少ない(最低でも3ヶ月)
  • 職を転々としている
  • 無職

安定した収入があれば、年収はさほど重要ではありません。

アコムは年収が低い傾向にあるバイトやパート、学生でも申し込みOKとなっていることからも、そのことが見て取れますよね。

まずは安定した収入を得ることが第一歩となります。

過去に金融事故を起こした経験がある

金融事故は信用情報機関に記録されている、カードローンやクレジットカードに関する、問題のある利用歴のことをいいます。
代表例は次の3つ。

  • 長期延滞
  • 代位弁済
  • 債務整理

金融事故を起こした人は適切にカードローンを利用できていない証拠であり、これでは審査に通らないのは当然と言えます。

他社の借り入れ件数が3件以上ある

アコムを始め、全ての消費者金融は「多重債務」を避けています。

多重債務とは複数の借入がある状態をいい、金融事故を起こす確率が高いため、警戒して当然です。

他社借入件数が3件以上ある人は多重債務とみなされ、審査通過が厳しくなります。

他社の借り入れ総額が年収の3分の1を超えている

消費者金融は「総量規制」というルールに則って貸金業を運営しなくてはなりません。

総量規制は「借入総額は年収の3分の1まで」という内容です。

つまり、すでに他社借入額が年収の3分の1を超えている人は、これ以上借入できないことになり、当然アコムに申し込んでも審査落ちとなってしまいます。

アコムの審査の流れを理解しておこう!

アコムの審査がどのような手順で行われるのか気になる人もいらっしゃるでしょう。

アコムの審査の流れは次の8ステップで行われています。

  1. 公式サイトで申し込み
  2. 申し込みの確認電話がかかってくる
  3. 自動契約機(むじんくん)か窓口へ行く
  4. 審査
  5. 審査結果の連絡
  6. 契約手続き
  7. ローンカード受け取り
  8. 借り入れ

ここからは審査に関する様々なポイントを見ていきましょう。

アコムの審査にかかる時間

アコムの審査にかかる時間は、最短30分となっています。

かなり短時間で審査結果を出すことができるので、即日融資が受けられるのはアコムの大きなメリットのひとつ!

ただし、必ずしも最短30分で審査結果が出るとは限らないので注意してください。

そのときの混み具合や、審査内容によって時間が伸びることもあります。

平均的な時間はおよそ1時間前後。

審査時間が早いとはいえ、余裕を持って申し込みたいものです。

アコムの審査結果はどのようにくる?

審査結果のお知らせはメールまたは電話で届きます。

スマホや携帯電話があれば受け取れるため、外出中でも安心です。

審査通過後はWEB、店頭窓口、自動契約機(むじんくん)のいずれかで契約手続きを行い、カードを発行すれば、あとはいつでも借入・返済ができるようになります。

アコムの審査結果が届かない場合に考えられる4つのこと

上記したように、早ければ30分、平均1時間前後で審査結果が届くのですが、なかなか結果が届かないこともあります。

その理由として考えられるのは次の4点です。

  • 申し込みが多く審査が混みあっている
  • 審査を慎重に行っているため長引いている
  • 当日の審査回答時間を過ぎている
  • 申し込み時に記載された情報が実際と異なる

各理由の詳細をみてみましょう。

申し込みが多く審査が混みあっている

審査ができる人員・リソースに限りがあるため、申し込みが多く、混み合う状況になれば、審査はそれだけ伸びてしまいます。

特に申し込みが多いのは次の4つ。

  • 土日祝日などの休日
  • 月曜など休み明け
  • 平日18時以降
  • 連休前後

月曜以外の平日が狙い目で、可能なら午前中に申し込みを済ませておけば、審査がそれほど遅れることはないでしょう。

審査を慎重に行っているため長引いている

なんらかの理由で審査を慎重に行わなくてはならないケースも長引く原因のひとつになります。

例えば次の3つ。

  • 自営業者で安定した収入があるか見極めなくてはならない
  • 本当に安定した稼ぎがある職に就いているのか
  • 申込情報に不審な点がある(連絡先の間違いや本人確認、在籍確認が取れないなど)

自分ではどうすることもできない要素が含まれることもありるので、その場合は諦めるしかありません。

気になる人はアコムに電話連絡して、なぜ審査が遅れているのかを問い合わせてみましょう。

当日の審査回答時間を過ぎている

アコムの審査回答時間は9:00~21:00となっていて、21:00を過ぎていると翌営業日の9:00まで回答が持ち越されることになります。

審査にかかる時間も考慮すると、当日中に審査結果を知りたいなら、遅くとも20:00までには申し込みを済ませておきたいところです。

申し込み時に記載された情報が実際と異なる

情報の誤入力によって審査が慎重になっているケースもあるため、再度申し込み内容を確認してみましょう。

まずは申し込み内容を再確認し、特に問題がないなら、アコムに直接電話して確かめるのがベター。

間違いが見つかったときは、直ちに正しい情報を伝え直してください。

アコムの審査で注意すべき3つのポイント

アコムの審査を受ける際に確認しておきたい、注意すべきポイントが3つあります。

  • 申し込みに必要な書類を揃えておく
  • 自動契約機の審査可能時間を把握しておく
  • 在籍確認の連絡は在籍が確認できる職場の番号を伝える

これらを注意しておかないと、スムーズな審査を受けられなくなる可能性も。

それでは各ポイントの内容をみてみましょう。

申し込みに必要な書類を揃えておく

アコムの必要書類は2種類があります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

本人確認書類は全ての人が必ず提出。

収入証明書は次の2つの条件のうち、いずれかに当てはまる場合に提出しなくてはなりません。

  • アコムから50万円以上の借入を希望
  • 他社借入を含めて100万円以上の借入

それぞれ有効な書類をまとめると次のようになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 保険証+住民票、公共料金領収書、納税証明書のうちいずれか1点

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税、県民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

自動契約機の審査可能時間を把握しておく

自動契約機(むじんくん)の営業時間は8:00~22:00と幅広い時間帯となっています。

しかし、審査が可能な時間は9:00~21:00となっているので注意してください。

審査にかかる時間も考慮すると、遅くとも20:00までに申し込みを完了させておきたいものです。

在籍確認の連絡は在籍が確認できる職場の番号を伝える

在籍確認は「申し込んだ勤務先で働いているのか」を確認するために行います。

具体的には、会社に電話をかけることでチェック。

そのため、申込者が在籍している部署、職場の電話番号を伝えなければ、在籍確認が取れず、審査落ちとなる可能性が出てきてしまいます。

勤務先に複数の電話番号がある場合は注意してください。

まとめ

今回はアコムの審査の内容や通過率アップなどについて紹介しました。

最後にもう一度おさらいしましょう。

  • 申し込み時の入力情報は必ず正しいものも記入するのは絶対条件
  • 安定した収入がないと審査には通らない
  • 他社借入件数、借入金額に注意する

の3つが挙げられます。

「アコムの審査に絶対通りたい!」
「通過率アップの方法を知りたい!」

そんな方は、ぜひこの記事を参考にアコムの審査通過を目指してくださいね。

アコムのおすすめポイント

アコム アコムのおすすめポイント

銀行グループ実質年率融資枠無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ3.0%~18.0%800万円最大30日間

アコム