アコムの返済方法

アコムには様々な返済方法が用意されており、ユーザーにとって返済しやすい方法を選べるように配慮されています。

「どんな返済方法があるの?」
「返済方法ごとのメリットやデメリットを知りたい」

と思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事はアコムの返済方法を初めとした、返済に関する疑問など幅広く紹介していきます。

この記事を読めば、あなたに合った返済方法を選べるようになるでしょう。

すでに利用している方も、これから申し込もうと思っている方もぜひ参考にしてください。

アコムは返済日の設定が可能

アコムは返済日を任意で設定できるよう配慮されています。

返済日は次の2つから選択可能です。

  • 毎月指定
  • 35日ごと

各返済日の詳細を見てみましょう。

毎月指定期日

アコムは毎月の支払い日を指定することができます。

例えば毎月15日に返済、30日に返済…といった具合です。

おすすめなのは給料日の直後

給料が入ってきて、すぐに返済に充てられるように返済日を指定しておけば、延滞や遅延のリスクを最小限に抑えられるでしょう。

35日ごとのサイクル制

35日ごとのサイクル制は、前回の返済日から35日後が次回の返済日になる、という少々特殊な返済日になります。

なお初回は初めて借入した日から35日後が返済日に設定されます。

毎月固定の日が支払日ではないため、返済日の管理が少々難しいところですが、35日と次回返済日までの猶予が長めに設定されているのがポイントですね。

なお35日以内ならいつでも返済することができ、返済と同時に次回35日後の返済日が決定されます。

アコムの返済方法

アコムの返済方法

アコムはユーザーの都合に合わせた様々な返済方法が用意されています。
具体的には次の4点。

  • ネット返済
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 提携ATM

ここからは各返済方法の詳細を見ていきましょう。

インターネットで返済

インターネットを使い、銀行振込で返済することができます。
メリットとして次の3点が挙げられます。

  • 24時間いつでも返済手続きができる(土日祝日OK)
  • 振込手数料無料
  • パソコンやスマホなどわざわざATMや店頭窓口まで足を運ぶ必要がない

ネット返済は「Pay-easy(ペイジー)」を利用しているため、インターネットバンキングに対応する口座を持っている必要があります。

また一部金融機関はパソコンのみの対応となっている場合も。

ご自身が利用している金融機関を確認しておいてくださいね。

店頭窓口で返済

アコム店頭窓口で直接返済できます。

アコムのスタッフと相談しながら返済する、今後の返済計画を一緒に考える、といったことも可能です。

ただし、店頭窓口で返済する場合は営業時間に気をつけてください。

営業時間をまとめると次の表のとおりとなります。

曜日 営業時間
平日 9:30~18:00
土日・祝日

このように、平日の9:30~18:00が営業時間となるため、土日祝日の返済には利用できません。

また18:00以降も利用できないため、返済期日に余裕をもって店頭に返済に行くよう心がけた方が良いでしょう。

アコムのATMから返済

全国各地にあるアコムATMから返済ができます。メリットは次の2点。

  • 年中無休24時間使える
  • 利用手数料不要

営業時間が24時間対応となっているため、遅い時間帯でも返済ができるのが助かりますね。

ただし、月曜1:00~5:00は定期点検が実施されるため利用できません。この点だけ注意しておけば大丈夫でしょう。

提携ATMから返済

提携ATMは近くのコンビニに設置されているATMや、全国の銀行ATMなどが該当します。

特に24時間利用可能なコンビニATMは心強い味方となってくれるでしょう。

利用可能な提携ATMをリストアップすると次の17点が挙げられます。

利用可能な提携ATM一覧

  • E.net※
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • MUFG三菱UFJ銀行
  • イオン銀行
  • ゼロバンク
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 東京スター銀行
  • 八十二銀行
  • 第三銀行
  • 広島銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
  • クレディセゾン

※1E.netのマークがあるコンビニなどのATM(ファミリーマート・ミニストップなど)

これらの提携ATMは確かに便利なのですが、利用手数料が発生する点に注意が必要です。

取引金額に応じて手数料が変わります。表にまとめると次のとおり。

提携ATMの利用手数料
取引金額 借入・返済
1万円以下 108円
1万円超 216円

基本的に10,000円以上の借入・返済となるので、毎回手数料として216円発生すると考えて差し支えありません。

便利な反面、余計なコストが発生するため、極力他の返済方法を選んだ方が良いでしょう。

口座振替(自動引き落とし)で返済

事前に口座振替の手続きを行えば、指定した金融機関の口座から自動的に返済額を引き落とせます。

ただしこちらは毎月6日が返済日で固定されているので注意。

口座振替の手続きはアコム会員ページで行えます。

希望する方は忘れずに!

アコムの月々の返済額について

アコムは「定率リボルビング方式」という返済方式を採用しています。

これは限度額の一定割合に応じて月々の最低返済額が決定される、というもの。といってもピンとこない方もいらっしゃるでしょう。

そこでここからは、アコムの月々の返済額について分かりやすく解説していきます。

毎月の最低返済額は3,000円から

アコムの毎月の最低返済額は3,000円~となっています。

できるだけ家計に負担なく返済し続けていきたい方にとって、毎月3,000円で済ませられるのは助かりますよね。

ただし、毎月3,000円の返済でOKな条件は、借入金額が10万円以下の場合に限ります。

10万円以上の借入になると、借入額に応じて月々の最低返済額が増えていく仕組みです。

一定の割合

アコムの最低返済額を算出するには「一定の割合」が必要です。

こちらは契約極度額によって割合が決められています。

契約極度額ごとの一定の割合をまとめると次の表のとおりです。

契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上

このように、契約極度額が大きいほど一定の割合が低く設定されているのが分かります。

毎月の最低返済額を算出するのに必要な数値なので、ご自身の契約極度額と照らし合わせ、確認しておいてください。

最終的な借入額で毎月の返済額が決定する

契約極度額に応じた一定の割合が分かれば、あとは最終的な借入額と掛け合わせることで毎月の返済額を計算できます。

計算式は次のとおり。

借入残高×一定の割合=毎月の最低返済額

例えば契約極度額20万円で契約し、10万円の借入をすると…

10万円×4.2%=4,200円

返済金額は切り上げ1,000円単位になるため、毎月5,000円が最低返済額になります。

仮に契約極度額50万円で契約し、10万円の借入をすると…

10万円×3.0%=3,000円

毎月の最低返済額は3,000円に。

あくまでも「最低返済額」となるため、都合に合わせて最低返済額以上の返済を行ってもOKです。

返済金額が多くなるほど元金が早く減り、利息の発生を抑えられます。つまり支払い総額を減らせるわけです。

お金に余裕がある時は、多めに返済するのがキャッシングのコツ!

アコムの返済について気になるポイント

具体的な返済方法や返済額の計算方法がわかったところで、その他の返済に関する気になるポイントも併せてチェックしていきましょう。

  • 返済日がいつなのかわからなくなってしまったら?
  • 返済期日に間に合わなかったら?
  • 支払期日でも支払うことはできる?
  • 済期日の設定は変更できる?

返済日がいつなのかわからなくなってしまった場合

返済日がいつなのかわからなくなるのは、特に「35日ごと」を選択している方。

支払日が不定なので、ついうっかり延滞してしまうリスクがあります。

対処方法として、アコムの「eメールサービス」の登録がおすすめ。

こちらは支払日の3日前と当日に登録したアドレスにお知らせメールが配信されるというサービスです。

登録するデメリットは何もありません。

支払日を指定している方も、口座振替を利用している方も登録しておいた方が良いでしょう。

返済期日に間に合わなかったらどうなる?

返済期日に支払いが間に合わなかった場合は「遅延損害金」が発生します。

アコムの遅延損害金の利率は20.0%

計算式は以下のとおりです。

借入残高×20.0%×延滞日数÷365=遅延損害金

例えば50,000円借り入れして、3日間延滞してしまった場合は…

50,000円×20.0%×3日間÷365=82.1917…

82円の遅延損害金を支払わなくてはなりません。

計算式を見てもらえば分かるように、借入残高および延滞日数が大きくなるほど損害金額も増えていきます。

もしも返済が間に合いそうにないなら、分かった時点ですぐにアコムに連絡しましょう。

事前に連絡しても遅延損害金が発生することに違いはありませんが、必要以上の督促を避けられる可能性があります。

いずれにせよ、返済に滞りが出ないように細心の注意を払うことが大事!

支払期日でも支払うことはできる?

支払期日当日の支払いはOKです。

ただし銀行振込は当日中に返済処理が行われない場合があるので注意。

というのが、銀行振込は基本的に平日15:00までに手続きを済ませる必要があるからです。

1分でも遅れてしまうと、振込処理が翌営業日になってしまいます。

土日祝日は銀行が営業していないためNGです。

銀行振込で返済する方は、支払い期日15:00よりも前に手続きを済ませておくようにしましょう。

また口座振替を選んでいる方も注意。

支払期日当日の15:00までに口座に入金しておかないと、残高不足で引き落とされない可能性があります。

遅くとも前日までにお金を用意しておいた方が確実です。

ネット返済、ATM返済は支払期日当日の支払いで問題ありません。

アコムの利用中に返済期日の設定は変更できる?

アコムは返済期日の変更に対応しています。

最初は35日ごとor毎月指定日のどちらかを選ばなくてはなりませんが、都合に合わせて利用中でも変更可能です。

例えば

「35日ごと→毎月指定日」

「毎月指定日→35日ごと」

といった具合。

変更方法は店頭窓口、むじんくん、アコム総合カードローンデスク(サポートセンター)のいずれかで行います。

各営業時間は次の表のとおりです。

変更方法 受付時間
店頭窓口 平日9:30~18:00
むじんくん 年中無休8:00~22:00
アコム総合カードローンデスク
(0120-629-215)
平日9:00~18:00

ただし、返済期日を変更すると、当日までの利息および手数料の清算が必要になります。

また、口座振替は毎月6日が支払日で固定されているので変更不可です。

まとめ

今回はアコムの返済の種類や返済日、返済額、返済に遅れてしまった時の対処方法などについて紹介しました。
ポイントをおさらいしましょう。

  • アコムの返済日は任意で指定できる
  • 提携ATMでの返済は便利だが利用手数料がかかる
  • 月々の最低返済額は3,000円から

以上3点が本記事の要点となります。

「自分に合った返済方法はどれかな?」

「毎月いくら返済すればいいんだろう?」

といった方は、今回の記事を参考にして、あなたの支払やすい返済方法を選び、延滞することがないように心がけてくださいね。

キャッシング詳細

アコムアコムのおすすめポイント

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%~18.0% 800万円 最大30日間

アコム