アコム

アコムは20歳以上の学生ならお金を借りられる!気になる審査内容や時間を解説

アコムは20歳以上から借りられる!

学生でアコムを利用するにあたってわからないことがあり、困っていませんか?

「アコムは学生でも利用できるの?」「学生が利用する際の条件は?」など、知っておきたいことが色々あるでしょう。

そこでこの記事では、アコムを学生が利用するための条件や注意点、アコムにおけるカードローン申し込み時の審査内容などを解説します。

最後まで読めば、アコムを学生が利用するにあたり知っておきたいことを理解し、スムーズに手続きを進められるので、参考にしてください。

学生でもアコムを利用できる!その借り入れ条件

アコムは、学生でも利用することができます。

アコムの借入条件は、以下の2つです。

  • 20~69歳
  • 安定した収入と、返済能力がある

つまり20歳以上で安定した収入がある学生なら、アコムを利用することができます。

言い換えると、19歳以下の方や、アルバイトなどをして収入を得ていない学生の方はアコムを利用できません。

学生でアコムを利用したい場合はまず20歳以上になって、アルバイトなどを始めてから申し込みを行うようにしましょう。

なお、アコムでは自分の携帯電話や職場の電話番号へ確認の電話がかかってきます。

自宅の固定電話を連絡先としていない限りは、自宅へ電話がかかってきて親に知られることもありません。

アコムの自動契約機(むじんくん)でカードを受け取るなら、自宅にアコムからの書類などが届くこともないので、ご安心ください。

金利は18.0%からのスタート

学生がアコムを申し込んだ際は、金利が上限である18.0%からのスタートになります。

例えば金利18.0%で10万円を借り入れ、月2万円ずつ返済するなら、返済回数は6回・金利は総額4,750円となります。

学生であることが理由で、特別に金利が高くなっているわけではありません。

カードローンを初めて申し込んだ際は、今後の利用状況が把握できないこともあり、上限付近の金利に設定されるのが一般的です。

今後金利を下げたい場合は、アコムの利用実績を積み重ねていくことが重要です。

日々カードローンのサービスを活用して、将来的に金利を下げてもらえるように取り組みましょう。

いくらぐらい借り入れができるのか

アコムでは自由にお金を借りられるわけではなく、契約時に設定された金額までを借りることができます。

アコムのカードローンでは最高800万円の融資を受けられますが、学生の場合は10万~最大でも50万円程度が上限になります。

学生の場合、収入源がアルバイトやパートなどになり、正社員等の職に就いている社会人と比べると、あまり高額な年収は得られません。

結果的にアコムが貸せる=将来的に返済してもらえると見込まれる金額も、学生だと数百万円などの高額にはならない可能性が高いことに注意しましょう。

なお、アコムの借入可能額は、将来的に増額審査を受けて増やしてもらうことも可能です。

例えば以下の電話窓口へ問い合わせることで、審査を受けられます。

アコム総合カードローンデスク
0120-629-215
受付時間9時~18時

今後どうしても限度額を引き上げる必要が出てきたら、問い合わせてみましょう。

審査に通れば、利用限度額が増額されます。

知っておきたい!アコムの審査内容や審査時間

アコムを利用するためには、申込み後に審査を受ける必要があります。

審査に通らなければ、アコムで借り入れを行うことはできません。

ここからは、アコムの審査内容や、審査にかかる時間・在籍確認といった審査に関する情報を解説します。

審査内容

アコムの入会審査では、申込時に入力した様々な情報をもとに、契約の可否を確認されます。

以下の6つなど、様々な情報を点数化し、合計の数値をもとに契約できるかどうか(返済能力があるかどうか)を判断されます。

  • 年齢
  • 年収・貯蓄金額
  • 住居形態(持ち家・賃貸など)・居住年数
  • 家族構成
  • 職場情報
  • 他社カードローン等での借入状況(件数・金額)

合わせて信用情報機関に保存されている情報を照会し、他社で借入額の延滞をしたり、債務整理をしたりといったトラブルを起こしていないかどうかも確認されます。

申込みのタイミングになってから、自分から審査に通るためにできる手続きなどはありません。

これまでの自分の生活そのものを元に申し込み可否を判断されるのです。

職場への在籍確認はあり

アコムを申し込んだ際は、職場へ在籍確認が行われます。

申込時に入力した職場の情報が本当かどうか確認するためには、在籍しているかどうかを確認しなければいけないためです。

職場へはアコム名義で電話をかけるわけではなく、「○○(個人名)と申しますが、××(申込者)さんはいらっしゃいますか?」といったように、個人からの電話という設定で電話がかかってきます。

カードローンを申し込んだことが周りにバレることはありません。

本人がその場にいる場合は取り次いでもらったタイミングで在籍確認完了します。

留守の場合も「席を空けています」など、本人が在籍している事実がわかる回答を得られた段階で、在籍確認は完了します。

審査にかかる時間

アコムの入会審査にかかる時間は、最短30分で完了します。

しかし、実際に何分かかるかは人によって異なります。

アコムでは申込時に入力した情報や信用情報機関に保存された信用情報を元に入会可否を判断されますが、人によって情報内容が異なり、審査完了までにかかる時間も変化するためです。

なお入会を急ぐ際に、申し込み手続きの時間を短縮できる手段としては、正式にインターネットと電話での申し込みがおすすめです。

審査完了までの待ち時間を減らしたい場合に、利用してみましょう。

なおアコムでは、土日や祝日も審査手続きを行っています。

休日にアコムの契約を申し込んだとしても、審査がよほど長引かない限り、平日まで審査が完了せずに待たされてしまうことはありません。

学生がアコムを利用するときの4つの注意点

学生がアコムを利用するにあたっての注意点には、以下の4つが挙げられます。

  • 年収や申し込み情報は正確に伝える
  • 一度に大金を借りられるわけではない
  • 必要な分だけ借り入れをする
  • 返済日は返しやすい日にちに設定をする

いずれも学生だけの注意点ではなく、アコムを利用する人は基本的に誰でも知っておきたいポイントです。

それぞれ解説するので、申込み前に確認しておきましょう。

年収や申し込み情報は正確に伝える

アコムの申込時に入力する年収などの情報は、正確な情報を伝えましょう。

年収が少ない、職業の安定性が低いなど、人によっては正確な情報を書くと審査に落ちるかもしれないと心配になるケースもあるかもしれません。

しかしカードローンの審査では、正確な情報を伝えなければいけません。

カードローンの審査を行う担当者はプロであるため、嘘は他に入力した情報を元に、すぐに見抜かれてしまいます。

嘘がバレると信用が大きく下がってしまうため、審査にも通りません。

一度に大金を借りられるわけではない

アコムのカードローンを学生が申し込んだ場合、一度に大金を借りられるわけではありません。

アコムのカードローンは最大800万円の借り入れに対応していますが、利用者それぞれに上限が設定されます。

入会時に設定された、利用限度額以上の金額を借り入れることはできません。

例えば借り入れを30万円まで行える契約だと、急な出費で50万円が必要になったとしても、30万円までしか借りることはできないのです。

また借入残高がある場合は、追加で借りられる金額が減ります。

利用限度額が30万円でも、10万円を既に借り入れている場合は、後20万円までしか借りられないので注意しましょう。

必要な分だけ借り入れをする

アコムを利用する際はむやみにお金を借りず、自分にとって今必要な金額だけを借りるように気をつけましょう。

カードローンには金利が設定されているので、借りれば借りるほど後から支払う利息も増えていきます。

返さなければいけない金額が大きくなると、今後の生活で使えるお金も少なくなります。

最終的には利息が膨らみすぎて、返済が行き詰まってしまう可能性もあり。

アコムを契約したら借りすぎに注意し、返済期限を確実に守りましょう。

返済日は返しやすい日にちに設定をする

アコムでは返済日を選べるので、収入がある日を踏まえつつ返済しやすい日にちを設定しましょう。

アコムで選べる返済期日は、以下の3種類です。

  • 前回の返済日翌日から35日後
  • 自分で希望した毎月の指定日
  • 毎月6日(口座振替で返済する場合)

口座振替の場合は毎月6日の引き落としのみとなっているので、利用する際は口座への入金を忘れないように気をつけましょう。

なお契約直後の段階では、返済スケジュールは35日ごとに設定されています。

以下の3つの窓口から返済期日を変更できるので、希望に合わせて変更を行いましょう。

  • 自動契約機(むじんくん、営業時間:平日9時30分~18時)
  • 店頭窓口(営業時間:8時~22時)
  • アコム総合カードローンデスク(営業時間:平日9時~18時)

借り入れと返済のイメージができるようにシミュレーションを一度試してみよう!

アコムでは、返済スケジュールを公式サイト内の「アコム返済シミュレーション」で調べられます。

アコム返済シミュレーション
https://www.acom.co.jp/return/simulation/

毎月の返済金額か返済回数を選んで、必要項目を入力・今後の返済スケジュールを調べてみましょう。

試しに以下の3つの条件を設定し、毎月の返済金額のシミュレーションを行ってみました。

  • 借り入れご希望金額:20万円
  • 借入利率:18.0%
  • 返済回数:10回

結果は、毎月の返済金額が21,686円となりました。

事前に返済金額や回数を調べておけば、収入を元に必要な返済額を確保できるので、金額を用意できず返済が遅れてしまうトラブルを防げます。

まとめ

今回は、アコムを学生が利用できるかどうかや審査に関する情報、利用にあたって注意したいポイントなどを解説しました。

最後に、記事の要点を3つにまとめます。

  • アコムは学生でも利用可能、ただし20歳以上・安定した収入を得ている必要あり
  • アコムを申し込む際は入会審査があり、職場への在籍確認も行われる
  • アコムでは契約時に設定された利用限度額までを借りられる

学生で急な出費などがあり、アコムで借り入れを行いたい場合は、今回の解説を参考に準備を整え、手続きを進めてみてください。

アコムのおすすめポイント

アコムアコムのおすすめポイント

銀行グループ実質年率融資枠無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ3.0%~18.0%800万円最大30日間

アコム

プロミスのおすすめポイント

プロミス プロミスのおすすめポイント

銀行グループ実質年率融資枠無利息期間
SMBCグループ4.7%~17.8%500万円最大30日間

プロミス

SMBCモビットのおすすめポイント

SMBCモビット モビットのおすすめポイント

※2017年12月現在
銀行グループ実質年率融資枠無利息期間
SMBCグループ3.0%~18.0%800万円なし

モビット