他社徹底比較

アコムとレイクALSAを5つのポイントで徹底比較!

アコムとレイクALSAを比較

お金が必要になった時、心強いのが消費者金融のカードローンサービスです。

「お金を借りるなら、安心の大手消費者金融を選びたい!」

「アコムとレイクALSAのどっちが良いのか検討中」

といった方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、アコムとレイクALSAの特徴や違いを徹底的に比較していき、どんな人がどちらを選べば良いのかについてまとめました。

この記事を読めば、あなたに合った消費者金融を選ぶことができるようになるので参考にしてください。

アコムとレイクALSAを徹底比較

アコム レイクALSA
レイク
年率 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%
審査時間 最短30分 最短15秒
限度額 1~800万円 500万円まで
即日融資

可能 可能
遅延利率 20.0% 20.0%

アコムとレイクALSAの比較ポイントを挙げると次の5つが挙げられます。

  • 審査の基準
  • 審査にかかる時間
  • 無利息サービス
  • 申し込み方法
  • ATMなどの利用手数料

それでは各ポイントの詳細を解説していきましょう。

審査基準の違い

アコムとレイクALSAのいずれも、審査に通過して初めて契約でき、お金を借りられるようになっています。
そのため、まず初めに考えなくてはならないのは「審査基準」です。

ここからは両社の審査基準の違いについてみていきましょう。

アコム

アコムの申し込み条件・審査基準は「対象年齢 20歳~69歳で安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっています。

これらの条件を満たしていれば、バイト、アルバイトと雇用形態を問わず、誰でも申し込みOKです。

レイクALSA

レイクALSAの申し込み条件は「対象年齢 満20歳~70歳でパート・アルバイト・派遣社員・自営業・学生の方でも安定して収入があれば利用可能」となります。

アコムよりも上限年齢が若干高く設定されていますね。

審査にかかる時間

お金を借りたいと思うタイミングは突然訪れるものです。
そこでここからは、各社の審査にかかる時間についてみていきましょう。

アコム

アコムの審査にかかる時間は、最短で30分程度と、とてもスピーディーです。
ただし審査内容によって時間が延びることもあるので、30分~1時間程度を目安にするのが良いでしょう。

また、申し込みは電話やWEBで24時間受け付けていますが、審査回答時間は土日祝日を問わず、9:00~21:00となっています。

当日中に審査結果を知りたい、即日融資を受けたい、という人は審査回答時間内に申し込みを済ませるようにしましょう。

レイクALSA

レイクALSAの審査にかかる時間もまた、アコムと同様最短で30分程度、目安としては30分~1時間くらいとなります。

ただし、審査回答時間がアコムとは異なるので注意が必要です。

レイクALSAの場合は

  • 通常 8:10~21:50
  • 第3日曜日 8:10~19:00

と第3日曜日の回答時間が短くなっている点を覚えておきましょう。

無利息サービス

無利息サービスとは、対象期間中は利息0円で借入が利用できるサービスのことです。

上手に活用すれば、利息による返済の負担を軽減できるため、私たちにとって大きなメリットとなってくれるでしょう。

無利息期間中に完済できれば、利息を1円も支払うことなく、借りた額だけ返済すればOKと魅力的ですね。

ここでは両社の無利息サービスについて紹介します。

アコム

アコムは30日間の無利息期間サービスを用意しています。
次の適用条件をクリアする必要あり。

  • アコムと初めて契約をする

これらの条件をクリアすれば、契約日翌日から「30日間」の無利息期間がスタートします。

レイクALSA

レイクALSAには選べる無利息サービスが用意されています。

  1. 180日間利息0円(50,000円まで)※1
  2. Webで申込むと60日間無利息※2

【※1】
・契約額1万円~200万円まで
・30日間無利息、60日間無利息と併用不可。
・契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。

【※2】
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、180日間無利息と併用不可。
・Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
・ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。
・Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

いずれも条件は「レイクALSAと初めて契約する人」となっており、初回契約翌日から利息期間がスタートします。

180日間利息0円は借入額50,000円までが無利息になり、50,000円超分は通常金利が適用。

そのため、借入額および返済回数によって、どちらの無利息を選んだほうが、よりお得になるかを考えなくてはなりません。

申し込み方法

アコム、レイクALSAそれぞれの申し込み方法の違いをみていきましょう。

アコム

アコムの申し込み方法は次の3つが用意されています。

  • ネット申し込み、電話:24時間
  • 自動契約機(むじんくん):9:00~21:00※
  • 店頭窓口:平日9:30~18:00

※年中無休(年末年始は除く)

ネットや電話からの申し込みは24時間受け付けていますが、審査回答時間は9:00~21:00となっているため、即日融資を希望する方はこの時間内に申し込むようにしてください。

レイクALSA

レイクALSAの申し込み方法は次の3つから選べます。

  • ネット申し込み
  • 電話
  • 自動契約機
ネット申し込み

申し込みは24時間いつでもOK。
ただし審査結果のお知らせ時間は次のとおりです。

  • 通常:8:10~21:50
  • 第3日曜日:8:10~19:00
電話

24時間いつでもOKで、オペレーターと相談しながら申し込みできます。
審査結果のお知らせ時間は次のとおり。

  • 通常:9:00~21:00
  • 第3日曜日:9:00~19:00
自動契約機
  • 平日、土曜日、祝日:9:00~22:00
  • 日曜日:9:00~19:00

※年末年始を除きます。
※一部店舗によって異なります。

このように、申し込み方法や特定の日によって対応時間が短くなることもあるので事前に確認しておきましょう。

ATMなどの利用手数料

カードローンの魅力の1つとして、身近にあるATMを使って借入や返済ができる手軽さが挙げられます。

ここでは各社のATMなどの利用手数料について比べてみましょう。

アコム

アコムの自社ATMは24時間手数料無料で借入・返済ができます。

基本的に自動契約機(むじんくん)と併設されているので、カード発行後、そのままアコムATMから借り入れ可能です。

コンビニや銀行などの提携ATMにも対応していますが、ATM手数料が発生してしまうため覚えておきましょう。
手数料をまとめると次のようになります。

10,000円以下:110円
10,001円以上:220円

手数料の負担を軽くしたいなら、極力アコムATMを利用するのが良いですね。

レイクALSA

レイクALSAは新生銀行カードローンATMでの借入れ・返済のATM手数料が無料です。
※Web返済サービス(スマートフォン・アプリ・パソコンからの返済)・自動引き落としは返済手数料無料

余計なコストをかけずに、手軽にATMを利用できるのは大きな強みといえるでしょう。

比較してもあまり違いがなかった項目

アコムとレイクALSAであまり違いのなかった点として次の3つがあります。

  • 上限金利
  • 即日融資ができるかどうか
  • 必要書類

上限金利はいずれも18.0%。
どちらも即日融資に対応しており、必要書類(運転免許証やパスポートなど)も共通しています。

アコム、レイクALSAはどんな人に向いているのか?

ここまでに紹介した、2社の違いをもとに、それぞれどんな人に向いているのかをまとめました。

アコムに向いている人はこんな人

アコムに向いている人は次の2点に当てはまる人です。

  • 申し込みやすいカードローンを選びたい(自動契約機むじんくんの設置数が多い)
  • 35日ごと返済でゆとりのある返済を行いたい

消費者金融の中でもアコムは知名度・利用者数が多く、沢山のユーザーから支持されているのもポイントの1つといえるでしょう。

安心感や利便性を重視したい人はアコムを選ぶのがおすすめです。

レイクALSAに向いている人はこんな人

「選べる無利息期間に魅力を感じる」という人はレイクALSAに向いています。

特に180日間の無利息期間は他のカードローンにはない、長期のサービスとなり、レイクALSAならでは!

50,000円分までと制限が付けられているので、少額の借入を検討している人にピッタリでしょう。

アコムとレイクALSAの比較まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はアコムとレイクALSAの違い、比較ポイント、おすすめしたい人はどんな人なのか、といった内容を紹介しました。

最後にもう一度、両社の違いについておさらいすると

  • アコムは自動契約機(むじんくん)の数が多く、審査時間が最短30分とスピーディーな融資に強い
  • それぞれ無利息期間に対応。レイクALSAは上限50,000円の180日無利息期間も選べる

の3つが挙げられます。

「自分に合っているカードローンはどっち?」

「何を基準に選べば良いの?」

そんな方は、ぜひこの記事を参考に、あなたにとって使い勝手の良いカードローンを選んでみてくださいね。

アコムとプロミスの比較
アコムとプロミスをカードローン選びで重要な9つのポイントで徹底比較!カードローンを選ぶとき、どの消費者金融にしようか悩んでいませんか? 「アコムとプロミスのどっちにした方が良いの?」 「それぞれの...

レイク概要
融資限度額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
ご返済期間・回数 最長8年、最大96回
必要書類 “運転免許証
※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)”
担保・保証人 不要
※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

アコムのおすすめポイント

アコムアコムのおすすめポイント

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャル・グループ 3.0%~18.0% 800万円 最大30日間

アコム

プロミスのおすすめポイント

プロミス プロミスのおすすめポイント

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMBCグループ 4.5%~17.8% 500万円 最大30日間

プロミス

SMBCモビットのおすすめポイント

SMBCモビット モビットのおすすめポイント

※2019年9月現在
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMBCグループ 3.0%~18.0% 800万円 なし

モビット